何故ローテーブルやスタンディングデスクなのか?

 「長時間のデスクワークで腰が痛い」という悩みは、どの世代の人も抱えている悩みかと思います。もはや人類が直立二足歩行を初めてからというもの逃げることのできなくなった宿病であり、特に「クリエイター」や「SOHO」の方などはご自宅デスクでの作業時間などが多く、ついつい熱が入ってしまった結果、通常の人とくらべて腰や関節を悪くしやすいということもあるかもしれません。

 勿論、事務業務としてデスクワークを行っている方に至っても、それは無縁の話とは言えません。

 そんな腰痛の悩みを抱えている方にぜひともオススメしたいのが、ローテーブルやスタンディングデスクなのです。

椅子に座り続けることは立っていることの二倍体に悪い

 意外に思われる方が多いかもしれませんが、椅子に座るという行為は実は立っているのよりも体に負担がかかっているのです。近年の研究結果で明らかになったことですが、直立と正座の負担が同等であり、椅子座などはそれに比べて2倍体に負担がかかっているというのです。勿論正しい座り方が出来ていないことにも起因する問題ではありますが、長時間デスクワークをこなさなくてはいけない人にとって、意識的に正しい姿勢をとりつづけるという事はかなり難しい行為だと思われます。

 そのことから今現在、立ってデスクワークを行うためのスタンディングデスクや床に座って作業を行うためのローテーブルなどが見直されています。スタンディングデスクに関しては既にGoogleなどの会社で実際に取り入れられており、作業効率化と社員の健康にも一役買っているそうです。

実はこんなに怖い腰痛

 実は、腰痛は過敏性腸症候群を併発する可能性が非常に高いのです。過敏性腸症候群と言うと要するに腹痛ですが、断続的に鈍い痛みがお腹を襲う辛い病気でもあります。既に長年デスクワークを続けており、お腹が頻繁に痛くなるようでしたら既に過敏性腸症候群の可能性が十二分にあります。また、実際に腰痛の痛みがひどくなってくると腰痛恐怖症、といった精神的な病にかかることもあります。これに関してですが、あまりに痛みを恐れるあまり、運動量が減ったり、更に腰痛がひどくなるといった悪循環のループに陥ってしまう人も多いのです。よく腰を悪くすると寿命が十年縮むとよく言われておりますが、実際、年配の方の殆どは足腰が弱くなり始めてからめっきり体全体が弱くなるという人が多いのです。運動量が減るだけでなく、寝たきりになりますと食欲なども失せ、何をやるに至っても痛みが勝ってしまうため、想像力や活動力も消え、まるで短くなったロウソクのように、ぼんやりと

座り過ぎは本当に良くない

 セデンタリー・デス・シンドロームという用語をご存知でしょうか? 「座りすぎが死につながる症候群」とも呼ばれるこの言葉はは2002年にアメリカ大統領の諮問委員会によって作られました。「座りすぎの弊害って言っても腰痛ぐらいのものだろう」と思う方も多いかもしれませんが、実際の研究結果で明らかになったことは、座りすぎ自体が、糖尿病や肥満、心血管系の疾患などをかなりの頻度で引き起こし、その体への害は喫煙を超えるほどだと言いうのです。結腸がん、乳がんの発生リスクが10%以上も増加するほか、心臓病が6%も、糖尿病に至っては7%も高まるという結果が出ているのです。血流が悪くなることによって引き起こされる印象の少ない病も含まれていて、意外に思われるかもしれませんが、血流の低下自体が万病を招いているということなんですね。

今からでも遅くない座りすぎ対策

 「長いこと同じようにデスクワークを続けているし、いまさらもう遅いだろう」と思っていらっしゃる方もいるかもしれません。しかし、それは過ちです。健康の為に行うことは勿論早ければ早いほど良いのは間違いないことですが、かなり重度の方も、しっかりとした対策をすることによって、「良くなった」「改善された」といった方が多くいらっしゃいます。運動や姿勢の改善を頻繁にやって直された方もいらっしゃいますが、ただ環境を変えただけで、十二分に良くなってしまったという方も多くいらっしゃいます。「時間や手間をかけることなく症状が改善できる」ということなのです。その環境の改善こそが、通常のデスクでなく、ローテーブルやスタンディングデスクなどを取り入れる事なのです。

家具に合わせて死ぬか、家具が貴方に合わせてくれる環境で生きていくのかどちらを選びますか?

 実際問題、デスクワークなどで長時間負荷のかかる姿勢でいつづけることは確実に寿命を下げ、ゆるやかな死をまねきます。激しい腰痛に苛まれますと、貴方の人生や生きがいなどが全て失われ、痛みがひどすぎて、腰痛のことばかり考えており、何にも魅力を感じられないという、そんな悪夢の未来が待っているかもしれません。そして、それは腰痛だけには収まりません。あらゆる万病によって貴方の人生が蝕まれていくその状況をいつまで放置し続けるのでしょうか?

 さて、想像してみてください。貴方はこれからもたくさんの事を成し、たくさんの人に幸せを与え、世界にとって無くてはならないものを作り、仕事を続けていくことかと思われますが、そんな貴方の世界に腰痛や病は必要でしょうか? 何故、そのような人物が地獄の苦しみを味合わなければならないのでしょうか?

 ただひとえにそれは貴方が貴方にピッタリの家具に出会えていないからです。

 もう一度言います。足腰が強い人ほど長生き出来るものです。体が楽なら気分も楽になります。気分が楽であれば、貴方のこれからの人生もきっと楽しく冒険に満ちたものになるでしょう。

 それでは、貴方自身のこれからの人生の物語の為に、必要な知識をこのページで身につけてみてください。

 きっと貴方にあった家具が見つけられるはずです。